16383969766_dbc6ebba73_b

手軽でおしゃれなボトルアクアリウムで癒しのひととき。

1,792 view
  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとしたスペースに置くだけで、おしゃれなインテリアにもなるボトルアクアリウム。水槽のような本格的な設備を使わず、メイソンジャーなどのガラス瓶やボウルで簡単に作れると人気が高まっています。仕事に疲れたときには、水の中を優雅に泳ぎまわる魚やゆらゆらと揺れる水草をながめながら癒しの空間にひたってみましょう。

 

*浮遊植物を使ったシンプルなボトルアクアリウム


浮遊植物とは、根が水底に張ることはなく、水面に浮遊する植物のこと。アマゾンフロッグピット、オオサンショウモ、ホテイソウなどが手軽に購入できます。水質浄化能力があるので水をきれいに保ってくれたり、メダカの産卵床にもなります。ただし、金魚は根っこや茎を食べてしまうこともあるようなので注意が必要です。

 

*底砂・底石を使ったボトルアクアリウム


水槽の底に砂や石を敷くと、ろ過作用などによって水を浄化してくれるため、さらに水質が安定します。特にソイル系の底砂はコケが生えにくく、水の硬度を引き下げて軟水にする効果もあるのでオススメです。水草は育てやすいハイグロフィラ・ポリスペルや、底砂を敷かなくても使える金魚藻(マツモなど)がオススメ。ショートヘアーグラスで水の中に広がる草原を作るのもおしゃれです。

 

*マリモを入れたボトルアクアリウム


マリモを使ったボトルアクアリウムは小さなガラス瓶でも作れるのでお手軽です。シンプルにマリモだけを楽しんだり、砂や水草と一緒にレイアウトを楽しんだり。金魚や熱帯魚と一緒にすると、食べられてしまったり水が汚れてしまうので、マリモを気長に育ててみるのも楽しみ方のひとつです。

 

*水草だけで作るボトルアクアリウム


魚はエサやりや管理が大変!という人には水草だけで作るアクアリウムがオススメ。いろいろな種類の水草を入れてグリーンを楽しんだり、水草アートを楽しんだり、バリエーションも豊富。魚に食べられてしまう心配もないので、お気に入りの水草を探す楽しみも!底砂には肥料がすでに含まれているソイルがオススメです。

 

*ハスの花で作るボトルアクアリウム


美しい花を咲かせる水生植物といえば、ピンクや白い花を咲かせるハス。1輪のハスをガラス瓶に入れておしゃれなインテリア・・・と言いたいところですが、ハスは水底の土の中に茎を作るので陶器の植木鉢がオススメ。直射日光を好むので、一日中、日光が当たる場所に置いてあげましょう。ハスは水面より高く上がり咲き水面から葉と花を高く伸ばし咲く花。睡蓮もハスと似ていますが、睡蓮は水面に咲く花を楽しめる植物です。


*タイトル画像:photo by flickr

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



おすすめ記事


Post Photos 写真を投稿する